運営:ABCネット

▼ABCネットについて

→ ABCネットホームページへ

兵庫県西宮市甲風園2-4-21
TEL:0798-63-9999
メール:wm@abcnet.ne.jp

▼代表:長谷川晴恵

通称「バーバラ先生」です 「パソコンスクールABCネット」は13年間で10000名の卒業生が自慢です。
・2004年のバーバラ先生紹介記事←クリック!
・「バーバラ」の由来の解説記事←クリック!

▼運営サイト

・ABCネットホームページ
・ABCネットブログ
・ABCネット@アートのブログ
・ABCネットいどばた会議
・バーバラ先生のツイッター
・バーバラ先生のフェイスブック
・社団法人ABCネット

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
--/--/--

スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/19

日記

フロッピー。懐かしい。開校当時を思い出しました。


images000.jpg

ソニーがフロッピーディスク(FD)の生産終了を発表したというニュースを発見!

・長期保存向きのメディアは? 大事なデータの上手な保存法←クリック!

バーバラ先生が1997年にパソコンスクール ABCネットを開講した当時は、なんとフロッピーディスクをデジカメに差し込んで撮っていたのです。懐かしいですねっ。忙しかったですよ。ウィンドウズ95が発売されてパソコンブームに沸いて。

9:00~10:30 10:40~12:10 12:20~13:50 14:00~15:30 15:40~16:10 16:20~17:50 18:00~19:30 19:40~21:10

こんな時間割りで、2教室とも1日8コマの授業が満席で、1日260名、1週間で1800名、1ヶ月で、のべ8000名の方が受講されていたのです。

週に7日お休みもなく、朝から晩まで、昼食の時間も夕食の時間もなく一日中授業をしていました。そんな状態が数年間続きました\(><@)/バタバタッ

1995年のWindows95の出現で、誰でもインターネットできる!即、パソコンスクールの開校しないと。情報弱者をつくらない!なんて意気込み、やる気満々。なんか毎日が戦闘状態。きっとバーバラはコンバットハイだったんですねヘ(^∇^ヘ)ヘ

よっしー先生はじめ元講師軍団も、体内のアドレナリンが放出され゛(・・ ンッ?
こき使われても浮かれていた学生時代をいつも懐かしんでいますよ。

ABCネット会社概要の抜粋: 来たるべきIT化社会における情報格差(デジタルデバイド)の解消をめざし、1997年6月、関西圏で有数の乗降客数を誇る阪急西宮北口駅前でパソコンスクールを開校。

↑「来るべきIT化社会」と書いていますが、2010年の今はすっかりIT化社会になっていますね。開校当時まだインターネットも黎明期で、バーバラはデジタルデバイドと騒いでいたので変人扱いされちゃってましたΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

写真やテキストデータの長期保存法として、もっとも実用的なテクを紹介しておこう。それは、プリントアウトして実体化しておくこと。デジタルデータと違い多少劣化しても内容の判別ができるし、なによりハードの進化と無縁、という点が強力な強みとなる。電子書籍の時代到来とはいえ、保存に関してはまだまだ紙に一日の長があるのかもしれない。

↑この記事の最後がいいですね。バーバラも授業でいつも「紙は侮れない」と、あつーーーく語っていますキャッ(^^*))))((((*^^)キャッ

それと、Twitterネタも発見!やっぱり、先回のブログでバーバラが孫さんにあきれていたらツイッターでも騒ぎになっていますね↓
・ 孫正義- 予約殺到でのおわびも。Twitter←クリック!

バーバラ先生のツイッター
  

→ バーバラ先生のフェイスブック

→ バーバラ先生のツイッター

おすすめお買い物
インターネットなら「安く・手軽に・色んなものを」買うことができます。信頼あるネットショッピングサイトを集めましたので、ぜひご利用ください。
おすすめ旅行
インターネットなら、格安で日本・世界の色んな場所へ旅行ができます。信頼ある旅行予約サイトを集めましたので、ぜひご利用ください。

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。