運営:ABCネット

▼ABCネットについて

→ ABCネットホームページへ

兵庫県西宮市甲風園2-4-21
TEL:0798-63-9999
メール:wm@abcnet.ne.jp

▼代表:長谷川晴恵

通称「バーバラ先生」です 「パソコンスクールABCネット」は13年間で10000名の卒業生が自慢です。
・2004年のバーバラ先生紹介記事←クリック!
・「バーバラ」の由来の解説記事←クリック!

▼運営サイト

・ABCネットホームページ
・ABCネットブログ
・ABCネット@アートのブログ
・ABCネットいどばた会議
・バーバラ先生のツイッター
・バーバラ先生のフェイスブック
・社団法人ABCネット

ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
--/--/--

スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004/09/22

虐待児童救出おじゃマガジン

おじゃマガジン その5


おじゃマガジンおじゃましますm(__)m

母親が…4階から7歳の長女落とし殺す 2004/09/21

 『21日午前4時25分ごろ、熊本市新町の無職女性(28)から、「娘を4階から落とした」と110番通報があった。熊本南署員が駆け付けると、マンションの駐車場に小学2年の女性の長女(7)が倒れていた。病院に運ばれたが、頭を強く打っており、約1時間半後に死亡した。

 同署は女性を殺人未遂の現行犯で逮捕。容疑を殺人に切り替えて調べるが、女性は現在通院をしており、言動に不自然な点もあることから刑事責任能力について慎重に調べている。

 調べによると、女性は母、祖母、叔母2人の5人暮らし。女性は自宅4階の自室の窓から長女を落としたという。長女は養護施設に入所中で、19日から21日まで2泊3日の予定で一時帰宅していた。』

母親が…生後2週間の娘沈めて殺人未遂 2004/09/21

 『生後2週間の長女を浴槽に沈めて殺そうとしたとして、千葉県警鎌ケ谷署は21日、殺人未遂容疑で同県船橋市在住の主婦(30)を緊急逮捕した。主婦は容疑を認めているという。

 調べによると、主婦は同日午前零時ごろ、帰省先の同県鎌ケ谷市の実家で、風呂場の浴槽に長女を沈めて殺害しようとした疑い。直後に自営業の夫(31)に「風呂に沈めた」と告げ、夫が人工呼吸をしたところ長女は息を吹き返し、救急車で病院に搬送された。

 長女は8日に生まれたばかり。主婦は出産後、身体の不調を訴えてふさぎ込み、15日から夫とともに、両親の住む実家に帰っていたという。

 同署は刑事責任能力について慎重に調べている。』

昨日の事件は、栃木県小山市の兄弟殺害事件のように大きくは取り上げらていませんがインターネットで事件を知りました。2件の事件とも母親の心と身体が病んでいたようすです。皆さんの身近にも、事件にまで至らなくても悩み疲れているお母さんがおられると思います。
そこで、インターネットで子育て支援!たくさんの方が活動されています。


今から13:00からの無料体験入学にいってきまーーーす(^o^)丿
なんとか、なんとか皆さんにインターネットを知ってもらえるようがんばります。
「インターネットは人類を救う☆無料体験入学部隊」エイエイオ・‥…━━━★

今日は19:00からのもがんばるよぉーーーv(≧∇≦)v イェェ~イ♪
キティちゃんもアラームクロック時計ももらえるし\(@^o^)/ <キャッホー!!
「インターネットは人類を救う☆口コミ部隊」もローラー作戦でお願いしますm(__)m

無料体験入学の日程

明日、9月23日(木)15:00~17:00(祝日:秋分の日)
明後日、9月24日(金)16:00~18:00
9月28日(火)10:00~12:00
10月3日(日)13:00~15:00

そして、10月4日(月)が入学式です。

お誘いしていただける方は、お急ぎくださーーーい. : * :・‘゜☆ . : * :・’゜☆ . : * :・‘
スポンサーサイト
2004/09/17

虐待児童救出おじゃマガジン

おじゃマガジン その4


おじゃマガジンおじゃましますm(__)m

<栃木県小山市>同居人が3歳と4歳の兄弟を殺害
近くのガソリンスタンドに約5時間にわたって車を止め、2人に殴るなどのしつこく暴行を繰り返した後、生きたまま川に投げこんで殺害

約4時間にわたり激しい暴行と報道にありました。痛かったでしょう。怖かったでしょう・・・覚醒剤や金銭問題など大人のいざこざに幼い子供が巻き込まれて犠牲になり残念です。今回の事件でも、劣悪な環境にいる子供達を救うべき児童相談所が通報があり保護までして、家庭訪問もせず実家に電話をかけてくるだけだったとは・・・もっと、声をあげたいです「本気で子供達を助けてください」
2004/09/10

虐待児童救出おじゃマガジン

おじゃマガジン その3


おじゃマガジンおじゃましますm(__)m

昨日9/9には3件の虐待事件の報道がありました。

<宮城県古川市>幼児2人の死体遺棄 両親逮捕「殴り死なせた」
両親が1歳4カ月の長男と生後三カ月の二男を「子供が好きではなかった。かわいくなかった」と頭や顔を殴って死なせ死体遺棄した。

兄弟とも死亡しているこの事件は、弟が死亡したときに後悔もなく兄も死にいたるまで殴るとは・・・

<大阪府泉佐野市>姉弟虐待死に懲役8年
母親と同居していた男が、長男(当時1歳)と二女(3)に高温のシャワーを浴びせたり、煙草の火を押し付けたり、衣装ケースに閉じ込めて転がした。また、顔面をテーブルに打ちつけるなどの虐待を続け、長男を同月16日に死亡させました。

なんと、『笑いながら虐待するなど虐待そのものを楽しむというゲーム感覚で犯行に及んだ面もある。』とあります。自分の子供を笑いながらゲーム感覚で殺すとは・・・

<埼玉県朝霞市>女児虐待死の父に懲役4年
父親が、生後4カ月の二女が泣きやまないことに腹を立て、布団の上に投げ落とすなどして呼吸困難に陥らせ、5日後に死亡させた。

『父親は「暴行したことはない」と無罪を主張した』とあります。自分の子供を殺してしまったのに反省もないとは・・・


ゲーム感覚で子供を殺して懲役8年、子供を殺して反省もないのに懲役4年、子供の命を奪ってそんな短い刑期とは・・・


子供達を救うことに敏感になるためにニュースをチェック!

Yahoo!ニュース-児童虐待トピックス
こちらをクリックしてくださいm(__)m
2004/08/18

虐待児童救出おじゃマガジン

おじゃマガジン その2


おじゃマガジンおじゃましますm(__)m

『同棲相手の5歳長女を虐待、重傷…18歳少年逮捕

 神奈川県警茅ヶ崎署は18日、同県茅ヶ崎市、無職少年(18)を傷害の疑いで緊急逮捕した。
 調べによると、少年は17日午後8時30分ごろ、同市の自宅アパートで、同せいしている無職女性(31)の長女(5)の顔や腹を殴ったうえ、床に投げつけるなどして全身に1か月のけがをさせた疑い。
 少年は、長女が字の練習をしなかったのに「した」とうそをついたため腹を立てたという。
 長女がぐったりしたため、少年と女性が市内の病院に連れて行き、「ころんでけがをした」と説明したが、けがの状態が不自然だったため、病院が同署に通報。同署員が少年から事情を聞いたところ、容疑を認めたという。暴行時、女性もそばにいたが、「止められなかった」と話しているという。
 長女の体にあざがあるため、同署はこれまでにも虐待がなかったか調べる。少年は約1年前から、女性と女性の長女、長男(9)の4人で暮らしていた。』

(読売新聞) - 8月18日19時57分更新
↓下記をクリックすると関連記事が読めます。(2件)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040818-00000068-jij-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040818-00000203-yom-soci


『4歳児、銭湯に置き去り=母親を逮捕-群馬県警

 4歳の二男を置き去りにしたとして、群馬県警藤岡署は18日、保護責任者遺棄容疑で母親の住居不定、無職山下留美容疑者(30)と交際相手の男(32)を逮捕した。
 調べによると、二人は6月25日夜、群馬県藤岡市の銭湯に二男を置き去りにした疑い。2人は「お仕置きするつもりだった」などと話している。同容疑者は2月、二男と3歳女児を連れ家を飛び出し、交際相手と車で生活していたとみられる。』
 
(時事通信) - 8月18日20時0分更新
↓下記をクリックすると関連記事が読めます。(1件)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040818-00000113-yom-soci

本日、2件の虐待ニュースをインターネットで発見!

子供が母親と同居している18歳の少年から虐待されたり、母親が子供を連れ家を飛び出し、交際相手と車で生活していたりと・・・
このように子供の命や安全より、交際相手を選ぶ母親が現実にいるということを認識してほしいのです。そして、母親にじゃまにされ虐待されている子供たちに敏感になってください。子供達はどの子も未来を担う社会の宝なのです。
2004/08/15

虐待児童救出おじゃマガジン

おじゃマガジン その1


いよいよ!明日から授業です(~▽~@)♪♪♪
寂しかった(>_<)ので(^ ^)ウ(^。^)レ(*^o^)シ(^O^)イ

トップページにも案内しておりますが
「よっし~、バーバラ兄貴のコーナーは「バーバラ校長日誌」へと引き継がれました。」おもい話題ですが、虐待児童救出おじゃマガジンも校長日誌に登場です・‥★
このお盆休みにもまた惨い虐待事件が発生しました。

『松戸市の母親と姉、姉の友人の少女は9日午後3時ごろから10日午前4時ごろまで、自宅浴室の浴槽に全裸にした中学2年の長男を入れ、シャワーや手鍋で熱湯をかけたほか、木刀で殴るなど暴行し、死亡させた疑い。長男は顔や背中、胸などにやけどを負っており、熱傷性ショック死とみられる。死亡時、身長163センチ、体重37・5キロ。10~11歳の標準体重だった。』

とYahooニュースにとあります。

<虐待死>中2長男に熱湯など、母親ら3人逮捕 千葉
下記を↓クリックするとニュースが読めます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040812-00000002-mai-soci
松戸の中2熱湯死 背景に複雑な家庭事情--在籍中学に一度も登校せず
下記を↓クリックするとニュースが読めます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040813-00000105-mailo-l12

テレビでは、屋外の階段の下で寝ていることを近所は知っていたとの報道がありました。その階段の下にはペットフードの箱があったりして、それを食べていたのではとのお話までありました。刺身を万引きしたことがあるとは悲しかったです。
お腹空いて体重37.5になっても、寝るところがなくても「お母さんを守るため施設に戻らない」不憫です。13時間にもおよぶ死にいたる惨い暴行、痛かった、熱かった、いや言葉にならない地獄です。なんでや!近所がこんなに気が付いたのに!悔しいです!

子供達を救うことに敏感になるために情報が必要です!
そこで登場、初心者でも5分で作れると噂の「ブログ」です!

たとえば、
Yahooニュースにも、この記事関しては毎日新聞しか扱われていません。マスコミによる情報は少ないものなのです。

だったら、インターネットでということで
岸和田中3餓死寸前虐待事件では、救えなかった経緯を調査することを岸和田市に嘆願しておりますが、岸和田市のホームページには、お決まりの公の発言しかありません。

しかし、
「ブログ」なら、自由にインターネットで自分の経験や考えを発信できるのです。

とくに、虐待児童救出には教育関係者の方々の「ブログ」に期待(^^)v
私にいただくメールには、教育現場の熱い思いが込められています。さすが毎日たくさんの子供達と接し、子供達の気持ちを理解されている先生方です。

インターネットでブログ発信・‥…━━━★
それが、虐待されている子供達を救う大きな力になると思うのです。
PS:
下記は「ブログ」ではありませんが、2004年5月2日の日経新聞に記事です。
小学六年生衰弱死事件の担任の先生が「その時なぜ少年を救えなかったのか?」胸のうちを明かされています。

  「私がもっとしっかりしていたら……」。自責の念にかられたのだろうか。女性教諭は涙を浮かべた。

 今年三月に表面化した大阪市住吉区の小学六年生衰弱死事件。被害者の男児が四年の秋から長期欠席を続けていたにもかかわらず、学校側は、母親らの「病気」の説明をうのみにし、虐待を疑わなかったという。
 記者会見で校長は「当時の対応が不適切だったと思わない」としたが、女性教諭の話を聞く限り、事情はちょっと違うようだ。

5年時の担任だった女性教諭は夏休みに男児の自宅を3回訪ねたが、面会を拒まれた。「普通の状態でない」。胸が騒ぎ、教頭に「児童相談所に相談すべきではないでしょうか」と進言した。
 「難しいな」。返答はこれだけ。母親から電話で病状の説明を受けている教頭にすれば、いたずらに事を荒立てては――との判断があったのかもしれない。ただ、電話の内容は校長に伝えられただけで、担任の自分にさえ教えられていない。
だが、女性教諭は言葉を飲み込んだ。だったら、自分が相談所に連絡すればいい――との考えを実行に移す勇気はなく、無力感だけが残った。

 「不登校児の児童を何人も抱え、教頭らは対応に追われていた。はっきりと虐待を疑う材料はなく、致し方なかった面もあるのですが……」
相次ぐ虐待事件を受け、府教育委員会が公立の小中学校などを対象に緊急調査した結果、二〇〇三年度中に学校側が「虐待の疑い」を抱きながら、児童相談所に連絡しなかったケースは五十人を数えた。「家庭のプライバシーを侵害しかねない」との危惧から慎重になる学校側の立場は理解できる。ただ、妙な相乗作用で、及び腰どころか、委縮しているケースもあるようだ。

 ある中学校で先月、教諭の一人が職員会議で「これだけ虐待が社会問題化しているのだから、長期の欠席を続けている生徒について再点検する必要があるのでは」と提案した。だが、同僚らは押し黙ったままで、賛同する声は皆無。「クラス替えがあったばかりなので、当面はこれまで通り各担当が注意深く見守ってほしい」という校長の一言で、議論はあっけなく終わった。 「動けない学校」でなく、「動かない学校」の体質がはびこっているとしたら、ことは厄介だ。

 四月七日に成立した正児童虐待防止法は、早期の発見・予防を目的に「虐待の疑い」の段階でも相談所に積極的に連絡するよう打ち出した。元家裁調査官の野田正人立命館教授は「子供を守る義務を負っているのだから、結果的に間違ったとしても責められることはない」と意識改革を求めている。

以上

胸が騒ぐとき、それが救出の機会だったのです。この校長や教頭には、救出の機会はあったのでしょうか?今後の虐待児童を救うため、もっと状況を知りたいです。

書き込みが長くなって申し訳ありません。
バーバラ先生のツイッター
  

→ バーバラ先生のフェイスブック

→ バーバラ先生のツイッター

おすすめお買い物
インターネットなら「安く・手軽に・色んなものを」買うことができます。信頼あるネットショッピングサイトを集めましたので、ぜひご利用ください。
おすすめ旅行
インターネットなら、格安で日本・世界の色んな場所へ旅行ができます。信頼ある旅行予約サイトを集めましたので、ぜひご利用ください。

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。